今だけ無料プレゼント配布中!

2015-11-07_170941

”保護者失格。一線を越えた夜”第3話のあらすじ

最新話の第13話も更新間近なので、さくさくはじめの方のあらすじは進めて行きたいと思います。

お待たせしました!!
”保護者失格。一線を越えた夜”第3話、ついにガッツリHなシーンですね。

さてさて、どんな話なのでしょうか??

とっても気になるあなたは下の方を読んで下さいね!!

もうそんなことより、ちゃんと実際の画を見たい!!!ってあなたは・・・・

↑コチラから入会して下さいね!!月額324円は驚きのコスパです!!!

 

ではでは、”保護者失格。一線を越えた夜”第3話のあらすじ、どうぞ!!!

 

 

 

 

 

さて、土砂降りのなか帰ってきてお風呂に入ろうとしたちづる、それを待ち受けていたのは・・・・・

とうぜん叔父さんです、先にお風呂に入ってたんですね。
あせるちづると冷静(なフリをしてる)叔父さん、

慌てて謝るちづるに叔父さんは”子どもの頃何度も一緒に入ったし気にするな”ろ禁断のワードを口にしてしまいます。

前回同様、家族扱い、子ども扱いされるとキレてしまうちづる、それを言われた瞬間、ちづるは背後から叔父さんに抱きつきます。

そして”私もうこどもじゃないよ・・・・”とディープなキスを・・・・

叔父さんの静止も聞かずそのまま何度もキスを重ね、”して・・・?してぇ”とせがむちづる・・・・

さすがに欲望を抑えきれなくなった叔父さん、そのまま・・・・・・

さて、後は実際に見て下さい!とてもじゃないけど伝えられません!!すっごいHだということだけお伝えしておきますねw

 

これは実際にコミック読んで下さい!試し読みは出来ない部分なんで購入するしかないですが、
絶対に”読んでよかった!”とあなたも思えますよ!

まずは

コチラから入会してみて下さい!!

”保護者失格。一線を越えた夜”第3話は超オススメです!!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ