今だけ無料プレゼント配布中!

2015-11-07_170941

”保護者失格。一線を越えた夜”第21話のあらすじ”ネタバレ注意”

保護者失格。一線を越えた夜第21話
乱された浴衣”のあらすじの紹介です!

さて、今年最後の更新、と言っても今年も2時間弱ですw

だからこれを見る皆さんは、もう新年開けてるかも知れませんねw

じゃぁあけましておめでとうございます!!今年もよろしくおねがいします!!

来年もまだまだ”保護者失格。一線を越えた夜”続きますので、
私もしっかり追っかけて行きたいと思いますw

ここのあらすじ読んで気に入っていただけた方は是非”コミなび”で
コミックを実際に読んで下さいね!ここのあらすじの何倍もドキドキできますよ!


↑コチラから立ち読みもできますよ!是非一度見て下さいね!

それでは”保護者失格。一線を越えた夜”第21話
”乱された浴衣”のあらすじ、ネタバレOKな方は・・・・

↓続きを読むからどうぞ!

それでは”保護者失格。一線を越えた夜”第21話
”乱された浴衣”のあらすじです!!

 

”あー、なんだよ、家族と一緒かよ”

ちづるをナンパするのを諦めた男たち。

ちづるは
”やっぱり・・・家族に見えるんだ・・・”
恋人として見られなかったことに落胆してしまいます。

しかし、叔父さんはちょっと別の事を感じていたようです。
ちづるの手をぐっと引っ張り部屋に連れ戻します。

”お・・・怒ってる?”とおそるおそる聞くちづる。
そんなちづるに少し怒った目を向けると・・・

長い長いキスをします・・・

”どこか触られた?”と聞いてくるあいかわらずヤキモチやきな叔父さん。

”え・・・あ・・・肩掴まれたけど・・・あっ、でも大丈夫だよ”
と言ってみるも叔父さんおさまりませんw

”ちづるは隙がある”と言いながら浴衣をずらし、肩にキスをします・・・

”はぁ・・・・なにもなくてよかった”ほっとする叔父さん
”おいで・・・・”と布団にちづるを誘います。

上半身をはだけさせ、直に叔父さんにキスをされながら、
胸を撫で上げられるちづる。

叔父さんに身を任せながらも
”も・・・もう怒ってないかな・・・”ちょっと叔父さんの機嫌が気がかりです。

”幸久さん、もう・・・お・・・怒ってない?”思い切って聞いてみるちづる。

”ん、もう怒ってないよ”という叔父さんの言葉に安心したのもつかの間・・

ここで叔父さんのイタズラ心に火がつきますw

どうなったのかは・・・・

コミックで見て下さいねw
あいかわらず子どもみたいな叔父さん、カワイイですよねw

それでは皆様、来年もよろしくお願いします!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ