今だけ無料プレゼント配布中!

2015-11-07_170941

”保護者失格。一線を越えた夜”第25話のあらすじ”ネタバレ注意”

”保護者失格。一線を越えた夜”第25話
”親友にも言えない好きな人”のあらすじの紹介です。

さてさて、気がつけば2月ももう終盤ですね。
オリンピックも明日で終わり。皆様楽しんでましたか?

私は・・・・まぁ適度に楽しんでたと思いますw
基本的にあんまり興味はないんですが、
やっぱりメダル撮ると嬉しいもんですね!

というわけで(!?)

”保護者失格。一線を越えた夜”第25話
”親友にも言えない好きな人”のあらすじ,

読んでいただける方は下の”続きを読む”をクリック、

コミック読んじゃいたいあなたは・・・


↑まずは試し読み、入会しても月額324円ですよ!!

それでは

”保護者失格。一線を越えた夜”第25話
”親友にも言えない好きな人”のあらすじです!

子どもの頃から絶対にかなわないと思っていた
”願い事”

これがやっと叶ったと思うもつかの間、
そっけなくなってしまった叔父さん、

旅行から帰って以降はお互い普通には接していますが、
なんとなく、叔父さんとの距離を感じているちづる。
でもそんなこと、叔父さんには絶対言えません。

今日は幼なじみの千代子ちゃんに久しぶりに合う日。

ピンポーン

千代子ちゃんの家のインターホンを鳴らすと・・・

”ちづるぅ~~♡いらっしゃい!!”

奥から千代子ちゃんが出てきました。

”土曜日って言ってたのに日曜日になっちゃってゴメンね・・・
大丈夫だった?”ちづるは言います。

どうやらちょっと無理して千代子ちゃんは予定空けてくれたみたいです。
それくらいちづるのことが好きな千代子ちゃん。

千代子ちゃんの家に上がると、ちづるは旅行のおみやげを手渡しします。

”大学の友だちと行ったの?”

千代子ちゃんは聞きます。

”あ、う・・・うんっ”と生返事のちづる。

”そういえばゆっきー(叔父さんのことですw)は元気?”
千代子ちゃんは気にせず続けます。

ちづるも”遊びに来て、昔みたいに”と言いますが、
やはり・・・・なわけです。

この千代子ちゃんとちづる、小学生のときに仲良くなったのですが、
何で仲良くなったかは・・・・

本編で確認して下さいねw

”保護者失格。一線を越えた夜”の第25話、Hなシーンはないですが、
ストーリーをちゃんと読んでる方は必見ですよ!!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ